Now Playing Tracks

最後に、宿題がユーウツなよい子のみんなに、とっても役に立つ実用情報を。友人のアニメ評論家・藤津亮太さんがネットに書いていた読書感想文のコツです。こういう流れで書けばよいのだそうです。

・その本をどこで手に取ったのか
・その本のどこをおもしろそうと思ったか
・本の概要
・実際に読み始めてみてどう思ったか(長い文章にするには、ここをストーリーの展開に合わせてやる)
・一番心に残った場面はどこか
・どうして心に残ったのか

 なるほど!と目からウロコです。子どものときコレを知っていれば、もっと楽ができたのに。

asahi.com(朝日新聞社):夏の悩みは読書感想文 - 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能

shinodddddtigaからリブログしました

(via mcsgsym)
家族というのは基本的に「会食する集団」でしょう。デートというのも基本的に「いっしょにごはんを食べに行くこと」ですよね。どうしていっしょにごはんを食べるのかって言えば、ごはんを食べているときに、美味しいかどうかで、その人といて楽しいか楽しくないかが分かるからですよ。家族でごはんを食べるのは仲がいいから食べるんじゃない。その逆です。「いつごはんがまずくなるか」をチェックするために、いっしょにごはんを食べる。ぼくはそう思っているんです。

ごはんを食べていてまずくなったら、それは家族の危険信号なんです。だいたいテレビドラマでも、家族の間に亀裂が入ると言うときは、ちゃぶ台をひっくりかえすか、作ってくれたものを残して「もう、いらない」と席を立つ場面ですからね。

セックスするまでもなく、男と女はいっしょにごはんを食べるだけで、いっしょに居られる人かどうかはわかるんです。うまくゆかない相手とだと、ごはんの味がしないから。「味がしない」というのは、「この人といっしょにいても、あなたの心身のパフォーマンスは上がらないです」って身体がシグナルを送ってきているわけですから。いくら頭が「いっしょにいるほうがいい」というメッセージを送っても、消化器の方が「いやだ」って言っている。だから、食事の時にたわないことをしゃべっていても、やたら食が進んで、「おかわり」と言える時は、身体が「この人とは相性がいいよ」って教えてくれているんです。(P.57)

『身体知 ~身体が教えてくれること~』 内田樹 × 三砂ちづる

いっしょにいると

しあわせなひと

(via biccchi)

これちょう同感

(via wrigley) (via nagas) (via sytoh) (via etecoo) (via kml)

(via thinkupstudio, firedfly) (via usaginobike) (via 16493)

(via adf311)

(via gosuke)

スケジューラに【会食】と表記するようになったのは40歳を過ぎてから…

(via tyamamotowebark) (via allgreendays) (via koshima) (via do-nothing) (via yuoak) (via appbank, firedfly-deactivated20140428) (via shortcutss) (via subdub) (via unagipai) (via thepeaces)
猪木のモノマネは「春一番以前」と「春一番以後」に分けることができると思う。
春一番以前の猪木のモノマネといえば、ハンダースの鈴木末吉やとんねるず石橋らを中心に演じられていた、
アゴを突き出して「シャーコノヤロー、来い来い来いコノヤロー」と怒鳴るパターン一辺倒だったが、
春一番は、猪木の「えー、今日も負けてしまいましたが…」や「元気があればなんでもできる…」のフレーズの言い方とか、
インタビューを受ける猪木の態度といった、「シャーコノヤロー」以外のパターンを開発した。
今では、猪木のモノマネといえば春一番が開発したパターンが主流になっている。
これからも多くの人々が、春一番が作り出した猪木のモノマネを、そうとは知らずに演じ続けるだろう。
「残る仕事」をした天才のひとりだ。

ヒロイモノ中毒 猪木のモノマネは「春一番以前」と「春一番以後」に分けることができると思う (via prodigalboys)
To Tumblr, Love Pixel Union